自分の商品を客観的に見る『本当の客観視』

20150323a

沢山のお問い合わせどうもありがとうございます。
制作お待たせして申し訳ございません。
引き続き宜しくお願い申し上げます。
ネット対応も遅くなってます。
最近買ったPCがお洒落過ぎて目がチカチカして打ちにくいのでストレスです。ミスりました。
こう見えてもライアンさんにも色々物作りについて聞かれる事あるんです。
生意気ですが必ず言わしてもらう事は『お客さんの立場に立つ事が一番大事』。
これって一見当たり前でよく言う客観的に見るってやつなんですが、その客観が自分寄りの客観的な見方だと結局自分なんです。
だからなかなか正解がでない。自分寄りの見方だから。
自分の商品を客観的に見る『本当の客観視』って自分の逆の性別、年齢、家族構成、趣味、職業等etcになった気持ちで自分(商品)を見るなんだと思います。少なくとも商品を売る客観視は。
もう一歩奥に入っていかに自分じゃない人の立場に立って自分の商品を見れるか。
ただの『職人(作り手)のエゴ』になっていないか。
『職人(作り手)のエゴ』は間違った方向に突き進む恐ろしい魔法です。
気付いた頃にはプライドというなかなか捨てる事のできない恐ろしい魔法に掛かっております。
上辺だけチョロチョロしてもお客さんには伝わりませんし、難しい事だと思います。
お客さんあっての物作りです。
(これはあくまでもRYAN.wdの物作りの考えです。)
これからもお客さん第一の超頑固職人で行きたいと思います。
何卒宜しくお願い申し上げます。

写真1、2、3 テーブル特集です☆。かっこいいですね~!
一枚板ではなく切り板なんです。何置いても絵になります。
価格はW1000=24000円~39000円です。(使用等で価格かわります!)
それではごめんください。

20150323b20150323c