変化球を極めたい

鉄工場 Furnitureです。
新潟、今日は天気が良かったですね。
ペンキ塗りバッチシでした。良かったです☆
小学生の頃夏休みに山の中の現場に父に連れてってもらって、建物の鉄骨の上で絵日記を書いてた事を思い出しました。
その時はその日の事ではなく前日行った釣りの日記を書いていたと思います。
この時から変化球を投げる少年でしたね。
つっこまれた記憶があります。
じつは美大にすごく行きたい時代もあったくらい絵を描く事が好きだったんです。
中学生の頃は文化祭の課題で《手作りカレンダー》を作ると言う物がありました。
この時、幼馴染の美大に行った友人(現在家族みんなで個展を開くらいの芸術一家、じいちゃん画家、父ちゃん写真家?だったかな)と勝負したんです。
どっちが優秀賞獲るか。(獲る前提の話。笑)
もちろん画力だと相手にならないんで持ち前の変化球で勝負です。
同級生200人、人気のマンガや絵画、写生、色んな物がありました。
そこでライアン少年どう勝負に出たか。
『葛飾北斎 富嶽三十六景』でカレンダー部分は漢数字で。
あのよく社会の教科書に載ってるあの波の浮世絵のやつです。
199人数字なのに1人だけ漢数字。
ここまででもかなり良い意味で浮きまくっていたのですが
最終仕上げには、前日その幼馴染の家に遊びに行った時に見たお兄さんの絵画の波しぶきがかなり印象的だったんです。
やったりました。そのまま筆をブシャーってカレンダーの波にかけてやりました。
勝負の相手の兄ちゃんからパクるっていう。笑
(これは初めて暴露です。)
お陰様でやんばいのが出来上がったんです。笑。
優秀賞も頂きました。
こんな小さな事を覚えてるのは力のめちゃくちゃ弱い方とわかっています。
いい思い出です。
恐らく絵が得意とかじゃない。汚いヤツ?ずるがしこい?そんな感じでしょうか。
王道が苦手なタイプ。
これからも変化球を極めたいと思います。

写真1、組立式シェルフ。ブレス(うしろのばってん)がかっこいいですよね。上段がハンガーラックになってます。
写真2、いらない服は本気で写真撮って本気で《高く》売ります。これホントですがやった分だけ帰って来るのがネット販売の世界です。
ぜひ写真だけの為に什器もご検討ください。
写真3、手作りプレート

20150205a

20150205b20150205c